トピックス

ワンルームで同棲することは出来るのか??

2022年04月01日
ワンルームで同棲することは出来るのか??

相手と同棲を考えていて、お金の問題など、節約したいと考えていて家賃の安いワンルームで住むことは可能なのでしょうか。
ワンルームで住む際に気をつけるべきポイントなどを説明していきたいと思います。

ワンルームで二人入居は可能なのか??

入居条件・最終判断は大家さんなので物件によっても異なりますが、
基本的にワンルームは、一人暮らし用に作られているので、2人入居は不可のマンションが多いです。
ワンルームの防音性も、「一人暮らし用」という前提で作られているので、もしも二人暮らしが可能であっても、音には気をつけて住まなければならないでしょう。また、同棲を認めるかどうかはすべて大家さんが決めています。大家さんは、できるだけ住人同士のトラブルを避けたいのは当然の為、同棲は基本NGにしてます。
ワンルームで同棲したいなら同棲OKかどうかを確認し、大家さんが許可している物件をまず選ぶ事になりますし、ワンルームで同棲がokな物件は限りなく少ないと考えておきましょう。

ワンルームで同棲をするメリット

家賃を抑えることが出来る

生活費の多くを占めるのが家賃です。しかし、ワンルームは家賃が安く設定されています。
その安いワンルームの家賃をふたりで折半するとなるとさらに負担は減り、お金の節約にはなります。
もしも、大きな理由「早く結婚資金を貯めたい」などがあるならば、ワンルームでの同棲は目標への近道と言えるでしょう。

ワンルームの物件は利便性が高い場所が多い

ワンルームは単身者用に作られているため、利便性の高い場所に建てられた物件が多いのが特徴です。都心または駅に近い場所に物件が多数。自宅から会社までの通勤時間を短縮することができるでしょう。毎日の通勤時間が短くなると心身ともにラクになります。

ワンルームで同棲をするデメリット

プライベートの時間が無くなる

ワンルームの場合は部屋が1つしかないため、常に一緒に過ごすことになります。そのため、プライベートな空間がありません。お互いの勤務時間や生活サイクルが大きく異なると、相手の睡眠時間を邪魔することになってしまいます。ワンルームの場合は喧嘩をしたときでも同じ空間にいないといけないため、互いに距離を取って冷静になるのが難しいため、喧嘩が長引く可能性も。

ワンルームで同棲をするかどうかはしっかり考えるべき

ワンルームで同棲は出来なくはないですが、あまりオススメはしません。家賃を抑えることが出来るという大きなメリットはありますが、メリットはそれぐらいしかないでしょう。部屋が一つしかないことからおこるストレスや、それによってトラブルにもなります。ワンルームで同棲をするのであれば、しっかりとしたルール等を決めておくと良いでしょう。

PICK UP!! オススメの物件はこちら

Copyright © Night Home all rights reserved.