トピックス

賃貸でDIYをしてもいいのか?

2022年02月25日
賃貸でDIYをしてもいいのか?

最近流行ってきているDIYですが、賃貸物件でどこまでDIYをしていいのか気になりますよね。DIYのレベルにもよりますが、例えば床をはりなおしていいのか、キッチンをかえていいのかなどある程度の基準は設けられています。今回は、DIYでどこまで内装変更可能なのかを紹介していきたいと思います。

DIYについて

まず、壁紙を変えても問題ないのか?実は、基本的にはNGになっています。交渉次第でOKになる場合もありますが、断られる可能性が高いでしょう。交渉で可能になる場合は、原状回復費用を払えるのであればOKしてもらえる可能性が出てきます。

原状回復の定義については、原状回復とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること。
となっています。物件の間取りによってかかる金額は違います。この原状回復費用の価格でDIYするかどうかも迷う人が出てくると思います。

どれぐらいなら内装変更可能なのか?

では、どこまでの内装変更なら賃貸物件で可能なのか。
まず体や口に触れる物や穴を開ける場合、退去時に現状回復費用がかかってしまいます。

・壁の張り替え
・キッチン
・ウォシュレット
・浄水器・食洗機の取り付け
・釘の打ち込み

上記のものは許可を得て設置したとしても、退去時には原状回復費用がかかります。

原状回復費用を安く済ませるには

そもそも借りたときの状態で住むことです。これが、一番原状回復費用がかかりません。しかし、お部屋の内装にこだわりたい人は多いはずです。その場合は、正直に管理会社や大家さんに相談しましょう。双方が納得できる交渉であれば、相手も人間ですのでOKを出してもらえるかもしれません。一番してはいけないのが、許可を取らずにDIYをして退去時に原状回復費用のことでトラブルになってしまうことです。築年数が古い物件などは原状回復費用が安く済む場合があります。しかし、基本的には原状回復費用はかかるものだという認識でいたほうが良いでしょう。

大阪で不動産をお探しならNight Home

NightHome ナイトホームとは、キャバクラ、ホストの水商売勤務の方、ナイトワークの方がお部屋探しの際に、スムーズにご入居頂けるように、お手伝いをさせて頂きます。
他の不動産で、希望のお部屋の条件でお部屋を紹介してもらえなかった。お部屋が気に入ったけど、審査に落ちた、、、。
そういったお悩みを当店では最大限、お手伝いさせて頂きます!!
掲載物件は水商売の方・ナイトワークの方がご入居可能なお部屋ばかりです♪お忙しい方は、物件資料をお持ち致します♪
送迎サービスも行ってますので、お気軽にお問い合せ下さい♪
その他、ご相談承ります♪

ナイトホームがオススメする物件

駅近物件!!

オルフェア難波南XI番館

大阪メトロ御堂筋線「大国町駅」徒歩3分

大阪メトロ四つ橋線「大国町駅」徒歩3分

駅近物件!!

セキュリティー万全で女性も安心!!

人気エリア物件!!

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.