トピックス

コラム 夜のお店に来る人が求めるもの

2022年01月25日
コラム 夜のお店に来る人が求めるもの

夜のお店に足を運ぶお客様が求めるものは何なのでしょうか?キャバクラに足を運ぶお客様はお酒が飲みたいという理由だけで高い金額を払いに来るのでしょうか?今回は、コラムっぽく夜のお店に足を運ぶ人が何を求めているのか。そして、水商売の基本を解説していきたいと思います。

お客様の求めるもの「心」

結論、お客様は「心」を求めています。これだけだと抽象的なので詳しく解説していきます。お客様は「心」を求めている、つまり癒しを求めているのです。では、何故癒されたいのか?一般的に日本には会社員が圧倒的に多いです。なので、仕事でストレスを抱える人がそれなりにいます。こういう言い方をすると、経営者のような人はストレスを抱えないのか?という意見が聞こえてきそうですがそんなことはありません。経営者のような人もそれなりにストレスは抱えます。つまり、生きていればストレスはそれなりに感じるようになっています。また、家に帰っても仲の良い家庭ばかりではありません。妻子に冷たくあしらわれている人も少なくないのではないでしょうか。そういう日常がストレスや寂しさを感じさせます。このような人のために夜のお店はあると言っても過言ではありません。

承認欲求を満たしてもらいたい

夜のお店に来るほとんどのお客様は承認欲求を満たしてもらいたいのです。それだけで、お客様はとても良い気分になります、ではお店側の人間は何をすればよいのか?

{1}褒める

とにかく褒めてあげること、これがとても大事になります。頭ではわかっていても褒めれていない人が実は非常に多いのです。では、何故出来てない人が多いのか?それは、褒めることが媚びることだと思っていたり、思ってもないことを言って嘘をついてると思ってしまっているからです。ですが、実際にはそんなことはありません。そもそも、9割ぐらいの人は褒めるという行為自体出来ていません。なので、褒めるということが出来るだけで人と差をつけることが出来ます。

{2}リアクションをオーバーにする

リアクションに関しては出来る限り大きくした方が良いです。人は自分に反応してくれてるとわかると単純に嬉しい気持ちになります。相手の方をしっかり見てオーバーリアクションで接客するだけでもかなり変わってきます。

{3}評価してあげる

人は普段高く評価されることはあまりありません。なので、出来るだけ高く評価してあげて下さい。褒めることもそうですが、高く評価されていやな気持になる人はいませんからね。お客様に興味を持って観察をすれば、お客様が喜ぶポイントなどがわかってくると思います。

この3つが基本になってきますが、この基本的なことが出来ていない人が実はたくさんいます、逆に言えば、これらを意識するだけで周りと差をつけることが出来ます。あとは、お客様を名前で呼ぶことを意識したりなど、細かいテクニックなどはありますが上記で上げた3つをとにかく意識してください。お客様は承認欲求を満たしてもらいたいというのを念頭に置いて、接客するだけでかなり変わってくるでしょう。

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。もちろん、同棲生活にピッタリのお部屋もたくさん用意してあります。お気軽にお問合せ下さい。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.