トピックス

美容師の一人暮らし

2021年08月18日
美容師の一人暮らし

最近はセットサロンなども、増えている中で美容師の仕事は夜職と密接に関係しています。夜職は自分の努力次第で稼げるイメージがある中で、美容師は稼ぐことが出来るのでしょうか?また、美容師は快適に一人暮らしをすることが出来るのでしょうか?今回は、美容師の一人暮らしについて紹介していきたいと思います。

美容師1年目の平均給与

美容師1年目の平均給与は、13万円~18万円になります。ざっくり平均すると15万円前後ということになります。一般的な他の仕事と比べて正直かなり低いと言えるでしょう。給料が15万円であれば、実家に暮らしていてもあまり贅沢出来ないのではないでしょうか。それに加えて、一人暮らしなど出来るのかと思う人も多いでしょう。

美容師が一人暮らしをするために

給料が15万円であれば一人暮らしは出来なくはないですが、少し厳しいのも事実です。では、美容師が一人暮らしをするためにはどうしたら良いのでしょうか?

節約をする

節約は当たり前ですがしなければいけないでしょう。コンビニでの買い物を控えたり、外食を控え自炊をしたりと出来る節約はほかにもたくさんあります。自分の趣味や娯楽を減らしたりするのも節約のうちの一つです。もちろん節約には限界があります。しかし、節約も頑張ればそれなりのお金を作ることが出来るので、一人暮らしをするためには重要なことでしょう。

副業をする

最近では、世間一般の常識として副業をするのは主流になってきています。一つの仕事でお金を稼いでいたとしても、副業をする人は多くいます。将来的にいつ自分の仕事がなくなるかわかりませんからね。美容師は将来的になくなるかどうかはわかりませんが、そもそも給料が低いため副業をしている人は多いです。仮に、何かのアルバイトをして美容師の給料とは別に5万円の収入があれば、かなり一人暮らしがしやすくなるでしょう。

次に、実際に一人暮らしをしている美容師の生活スタイルを紹介していきたいと思います。

美容師1年目、Aさん

家賃 42000円
水道光熱費 8000円
食費 28000円
携帯・ネット代 10000円
雑費 10000円
趣味・交際費 23000円

Aさんは、美容師になってすぐに一人暮らしを始めたそうです。節約を徹底的にして、副業をせずに美容師の給料だけでやりくりしています。美容師の給料は手取りで15万円。生活費は12万円程度なので、なんとかやっていけてるみたいです。

美容師3年目、Rさん

家賃 705000円
水道光熱費 10000円
食費 30000円
携帯・ネット代 10000円
雑費 20000円
趣味・交際費 50000円

Rさんの美容師の給料は手取りで16万円。それだけでは一人暮らしは出来ないと思い、週二日程度キャバクラで働いているそうです。キャバクラの給料は月に10万円前後あるため、美容師と合わせて25万円以上月に稼いでいます。

まとめ

美容師でも一人暮らしをすることは可能です。しかし、本業が忙しい仕事のため副業をする時間は限られています。その中でも、夜職は短い時間で高い収入を得ることが出来ます。美容師は拘束時間が長く体力的にもしんどい仕事です。夜職であれば拘束時間は少ないですし、自分の努力次第で収入がアップするので副業にはピッタリです。美容師の人はキャリアを積めばそれなりに給料は上がります。しかし、最初の数年は低い給料で生活しなければいけません。美容師駆け出しの頃は仕事も大変で忙しいかもしれませんが、夜職を副業でして収入を上げて一人暮らしをすることは十分可能です。是非、副業を視野に入れて一人暮らしを検討してみてはいかがでしょうか。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.