トピックス

キャバ嬢と風俗嬢の違い

2021年08月16日
キャバ嬢と風俗嬢の違い

夜のお仕事として一緒にしてしまいがちな、キャバ嬢と風俗嬢ですがみなさんは違いをはっきり理解していますか?最近では、それぐらいわかるよ!という人のほうが多いかもしれませんが、未だに理解していない人も多いと思います。今回は、キャバ嬢と風俗嬢の違いについて紹介していきたいと思います。

キャバ嬢の仕事

キャバ嬢の仕事は基本的に接客がメインです。お客様がお店に来店してきたら席についてお酒を作ったり、会話をしてお客様を楽しませます。他にもたばこに火をつけたり、グラスについている水滴をふいたりとしなければいけないことはたくさんあります。キャバ嬢はお客様に延長してもらったり、指名をもらうことで自分の売り上げが上がります。なので、店内でお客様に楽しんでもらうのは当然ですが店外の仕事もとても重要になってきます。アフターや同伴に行ったり、日々の連絡のやり取りも大事になってくるでしょう。キャバクラに来るお客様はいろいろなサービスをキャバ嬢に対して求めますが、一番はいかに疑似恋愛的なものを提供できるかどうかでしょう。

風俗嬢の仕事

風俗嬢の仕事はキャバ嬢と違い、基本的には性的なサービスを提供します。接客業ではありますが、お酒や会話などがメインのキャバ嬢に比べて、性的サービスが大前提としてあり、その中で会話があったりします。お客様の中には、風俗嬢と会話だけを楽しみに来るお客様もいます。そういうお客様に対しては、性的サービスがなくてもキャバ嬢と同じように疑似恋愛を楽しんでもらいます。風俗嬢はキャバ嬢と比べて、店外での仕事はそこまで多くありません。しかし、店内での仕事はある意味肉体労働と言っても過言ではないのでしんどいことも多いでしょう。

夜職である、キャバクラや風俗で働く理由

なぜ、女性の中には一般的な昼職ではなく夜職を選ぶ人がいるのか?昔は、夜職というだけで偏見を持つ人も多かったと思います。最近では、夜職のイメージが良くなって働く人がだんだん増えています。どんな仕事でもそうですが人は大前提として、お金を稼ぐために働いています。お金を稼ぐ手段としていろいろな仕事がありますが、夜職はベースとして給料が高い傾向にあります。さらに、本人の努力次第でいくらでも稼ぐことが出来ます。しかし、デメリットとして昼職と比べ安定はしないため社会的信用は低くなります。福利厚生などの面を考えると昼職のほうが良いでしょう。キャバクラか風俗、どちらで働くか迷ったときに女性はどのように決めるのでしょうか?性的なサービスに抵抗がないのであれば風俗で働くことが出来るでしょう。アルバイトで短時間しか働かないのであれば、風俗のほうが稼ぐことが出来るでしょう。一方で、お酒が得意だったり話すことが得意なのであればキャバ嬢を選んでも良いでしょう。有名なキャバ嬢なんかは年収億単位で稼いでいるのでとても可能性のある仕事です。風俗店もキャバクラ店も体験入店制度があります。体験入店でお金ももらえますし、仕事内容がどういうものか知ることが出来るので試してみるのも良いかもしれません。どちらの仕事を選んだとしても稼げる可能性は大いにあります。是非この記事を参考にしてみて下さい。

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。もちろん、同棲生活にピッタリのお部屋もたくさん用意してあります。お気軽にお問合せ下さい。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.