トピックス

夜職の女性は何歳まで働ける?

2021年07月18日
夜職の女性は何歳まで働ける?

夜職(キャバクラなど)の女性は何歳まで働くことが出来るのか?そもそも、水商売に年齢制限はあるのか?長く働くにはどうしたらいいのか?今回はこれらを紹介していきたいと思います。

夜職、水商売に年齢制限はない

何歳まで働けるかという制限は基本的にはありません。しかし、下限はあって18歳未満は働くことは出来ません。これは労働基準法と風営法で定められています。だいたい、キャバクラで働いて入る女性は18歳から30歳前後です。若い女性は若さを売りに、年配の女性は大人の色気や落ち着きを売りにしているでしょう。年齢はそれぞれですがその年齢の個性を活かしてみんな働いています。

夜職、水商売の引退時期

水商売に年齢制限はありませんが、だいたい30歳前後で引退するのが一般的です。なぜならば、見た目的にも体力的にも30歳を超えたあたりから、働きにくくなってくるのが現実だからです。しかし、業種によっては30歳を超えても現役でバリバリ働いている人もいます。例えば、スナックであれば働いている人の平均年齢は高いでしょう。中には、60歳前後まで働いている人もいます。ただ、水商売全体の平均年齢としては、20代ということになるでしょう。

長く水商売を続けるためには

年齢を重ねるごとに水商売を続けていくことは現実として難しいことです。しかし、仕事が大変でも長く働きたいと思っている女性は少なくありません。長く働くためにはどういったことが大切なのか紹介していきたいと思います。

①実年齢ではなく見た目年齢をケアしているか

年齢を重ねたとしても、見た目を綺麗に保っているかはとても重要なことになります。男性のお客様は綺麗な女性に惹かれるものです。たとえ、30歳でも20代前半の見た目を保っていればどうでしょうか。それだけで魅力になりますし、実際に20代前半の女性とも十分見た目で勝負出来ます。しかも、ある程度であれば年齢のサバをよんでも良いでしょう。見た目を綺麗にしておけば、お客様も実年齢に関係なく指名し続けてくれます。なので、自分磨きをいかに継続して行うことが出来るかが大切なことでしょう。

②自分を指名してくれるお客様がいること

水商売は年功序列ではなく、実力主義の世界です。年齢を重ねたとしても自分を指名し続けてくれるお客様がいて、売り上げを上げさせてくれるかどうかが大切です。自分指名のお客様がいる限りは自分に需要があるということですからね。どのタイミングであったとしても、指名のお客様がいなかったり、自分指名のお客様が離れていってしまった場合はどうするべきか考えなければいけないでしょう。とはいえ、いくつになっても自分次第で水商売で働き続けることが出来ます。

③流行や話題についていけるかどうか

年齢を重ねても最近の流行や話題についていけるかどうかは大切です。比較的若い女の子が多いキャバクラなどでは、最近の流行や話題にとても敏感です。逆に、年齢層が高いお客様に対しては幅広く話題などの知識があるほうが良いでしょう。いろんな話に対応できることによってお客様の好感度は上がりますし、スタッフ同士でも上手く連携をとって接客することが出来ます。

いつまで働くかは自分次第


何歳まで働くかについて、明確なルールはありません。仮に、40歳になっても仕事が楽しくて指名のお客様がいるのであれば働き続けても良いでしょう。キャバクラがしんどいのであればスナックに変えたり、カジュアルなBARで働くのも良いかもしれません。大事なことは自分が働いていて気持ち良いかどうか、充実しているかどうかです。

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。お気軽にお問合せ下さい。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.