トピックス

夜職の方に朗報!初期費用の相場と安くする方法

2021年04月20日
夜職の方に朗報!初期費用の相場と安くする方法

引っ越しで新生活を始める際に、初期費用が必ず必要になってきます。では、初期費用は大体どれくらい必要かご存知ですか。また、その初期費用をできる限り抑える方法があるとすれば活用したいですよね。それでは、初期費用の相場と初期費用を抑えられる方法をお教えします。

初期費用の相場は?

引っ越しをする際に、初期費用が必要になりますよね。では、基本的に初期費用に含まれる項目は一体なんでしょう。

1敷金

敷金は契約を終えて部屋を退去する際に原状回復費用に充てられます。大体家賃1ヶ月分が目安になります。

2礼金

部屋を所有する大家さんに対して、お礼として支払います。敷金とは違い、退去時に返還はされません。最近は礼金なしの物件も増えています。

3仲介手数料

家賃の0〜1ヵ月分が目安になります。物件の案内や契約手続きを行なった不動産会社に支払う金額になります。仲介手数料は無料にしている不動産もあります。

4火災保険料 約1万5千円

火災や水漏れのトラブルの備えて加入する必要があります。不動産会社の案内された保険でなく、個人で保険に加入するのも可能です。※「個人で保険に入った場合、加入証明を求められるケースがある。」

5保証料金

保証料の相場は大体家賃と同じぐらいになります。家賃保証料会社を利用する場合に必要で、もしも家賃を払えなくなった場合の備えになります。「連帯保証人が入れば不要なケースもあり」

6鍵交換

新築でない場合、鍵交換代金が必要になる可能性も。平均的な金額は1万5千円ぐらいが多い。

初期費用の合計相場は?

さて、上記の内容の金額がすべてかかる場合の初期費用はどのくらいになるのか家賃が7万円だった場合

敷金 約1ヶ月分 70000円
礼金 約1ヶ月分 70000円
前家賃 約0.5ヶ月分 35000円
仲介手数料 1ヶ月分+税 77000円
保証料金 家賃1ヶ月分 70000円
火災保険料 相場平均 15000円
鍵交換代 相場平均 15000円
総合計 352000円

※「あくまでも全てがかかった場合」

初期費用を抑えたい人におすすめ

初期費用をできる限り抑えたい方におすすめなものはフリーレントなどで、初期費用が抑えられたりします。もちろん物件の中には敷金や礼金などが0円もありますので、まずはそこをピックアップしていくのが一番効率が良いかもしれません。一番手取り早いのは不動産会社の担当に聞くのが早いです。

大家さんに交渉する

一つの交渉として大家さんに交渉するにも一つの手です。しかし、現在ではインターネットでも相場を確認できる世の中なので、大家さんも高めの設定をせず、相馬に合わせた金額にしているため、最近はそこまで安く交渉するのは難しいかもしれません。もし交渉するならば、確実にそこに住むと伝えると少し家賃の減額をしてもらえる可能性があります。万単位で家賃が安くなる可能性はないですが、2000円〜4000円程度。2000円でも安くなれば、年間24000円も安くなるので相当ラッキーと考えましょう。

分割払い

あまり、知らない人もいますが、実は分割払いができる不動産もあります。できる不動産とできない不動産があるので、分割を利用しようと考えている方は不動産からしっかり確認しましょう。

結論

初期費用は抑えて損はありません。不動産会社の担当としっかりと話し合いをして、よりよい引っ越しをしましょう。

ナイトホームはあなたの住みたいをご提供します。

PICK UP!! オススメの物件はこちら

Copyright © Night Home all rights reserved.