トピックス

和室物件は良いのか?メリットデメリットを紹介!!

2022年04月19日
和室物件は良いのか?メリットデメリットを紹介!!

部屋の欧米化が進む中で、和室も家にあってほしいと思う人は少なくないのではないでしょうか。和室は日本固有のものですが、和室に住はどのようなメリットがあるのでしょうか??今回は、和室のメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

和室のメリット

家賃を安く抑えることが出来る

畳は、フローリングに比べると人気が下がっています。その為、家賃が低めに設定されていることが多いです。また、築年数が古い物件ほど和室が多いので、その分家賃が安い傾向にあります。とにかく家賃が安いお部屋にしたい人にとっては、和室はかなりのメリットです。洋室と和室では、約10000円~20000円ぐらい金額が変わったりすることもあるでしょう。

クッション性があり防音に優れている

畳はフローリングよりもクッション性が高く、グラスなどを落としてしまった際に、和室の場合は割れる可能性がとても低くなっています。その他にも足音なども下の階に伝わりにくいので、近隣とのトラブルを避けることが出来ます。

畳は消臭効果がある

畳には、い草が使用されています。い草は匂い吸収する能力があります。湿気などの生乾いた匂いなども吸い取ってくれます。昔は畳の上に服を置いて乾かすような事もあったぐらい、畳は優秀です。

和室のデメリット

築年数が古い場合が多い

現在は、主に欧米化が大きく進んでいる為、新しく建てられるマンションは基本的にフローリングになっています。加えて、もともと和室だった物件はリノベーションが行われてることも多いでしょう。その為、和室物件は築年数が長く、外観なども古さを感じてしまうかもしれません。

畳は汚れやすい

フローリングの場合は、飲み物こぼした場合タオルでふくだけですみますが、畳の場合はそうはいきません。色のついた飲み物をこぼしてしまうと、シミになってしまうので、注意が必要です。あとは凹みもあります。ベッドをおいた場合、ベッドの足の部分はへこんでしまうので、和室の部屋には基本的にベッドはやめて置いたほうが吉。

和室物件は洋室よりも実は汎用性が高いです。しかしデザイン面はやはり劣ってしまうので、自分自身が優先すべき方でお部屋は選ぶのがあとあと後悔しません。無料賃貸では築年数の浅い和室物件も取り扱っております。

ナイトホームがオススメする物件

大阪のディープスポット“西中島”

出来立てほやほやの新築マンションをあなたに…

2018年9月末完成!

《スプランディット新大阪キャトル》

やや家賃は高いが、納得のグレード◎

奇数階 ブラウンカラー

偶数階 ホワイトカラー

全戸南向きバルコニー☆Wi-Fi無料

ペット飼育OK

大阪メトロ御堂筋線 西中島駅 徒歩2分
阪急京都線 南方駅 徒歩2分

是非、お問合せお待ちしております。
大阪エリアを中心にキャバクラの方、風俗の方、ホストの水商売の方、夜職の方、ナイトワークの方の為に入居審査が優しい賃貸物件をご紹介!
新築、分譲、デザイナーズ、敷金礼金ゼロ、保証人無、ペット可の物件を幅広くご紹介します。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.