トピックス

初期費用を安くする方法を紹介!!

2021年11月20日
初期費用を安くする方法を紹介!!

引っ越しをする際に必ず必要になるのが初期費用です。みなさんは初期費用がどれぐらいかかるか知ってますか?初期費用は安いに越したことはないですよね。今回は、初期費用の相場と初期費用の抑え方を紹介していきたいと思います。

初期費用の相場

何に初期費用がかかるのか紹介していきます。

敷金

敷金とは契約が終了して退去する際の回復費用にあてられます。一般的に家賃の一か月分の金額になります。

礼金

物件を持っている大家さんにお礼として支払います。敷金とは違って退去時には返ってきません。最近では、敷金、礼金ともにないところも増えています。

仲介手数料

物件の契約や案内をしてくれた不動産会社に支払うものです。家賃の1カ月分が目安になりますが仲介手数料がかからない場合もあります。

火災保険料

火災などのトラブルのために備えて支払う必要があります。個人で加入することも出来ますし、不動産会社に案内してもらうことも出来ます。

保証料金

保証料金は家賃と同じぐらいの金額になります。家賃を払えなくなった場合の備えですが、連帯保証人がいれば不要な場合もあります。

鍵交換代

1~2万円ほどが相場となっていて、新築でない場合は必要になります。

全ての初期費用が掛かった場合家賃の3~4倍ほどは初期費用としてかかると思っておいた方がいいでしょう。家賃が高ければ高いほど初期費用が高額になるケースが多いです。一人暮らしで家賃があまり高くなければ敷金、礼金がない物件も多いので安く済ませることが出来ることもあります。

初期費用を抑えるには??

不動産会社に直接聞く

これが一番現実的です。直接行って要望を言えば不動産会社の人は丁寧に対応してくれます。大幅に初期費用を下げることは難しいかもしれませんが、出来る限りのことはしてもらえるので相談しましょう。

大家さんに交渉する

大家さんに交渉してみるのも良いかもしれません。しかし、最近ではネットでいろいろ調べることが出来るので大家さんもだいたい相場の値段に設定していることがほとんどです。なので、初期費用を安くするのは難しいかもしれませんが家賃を少し下げてもらえるパターンもあります。初期費用は安くならないかもしれませんが、家賃が1000円でも下がれば年間で考えると12000円得するので長い目で見れば家賃交渉をするのはありかもしれません。

まとめ

初期費用を抑えるためには、まずは不動産会社の人としっかり話をしましょう。その中で出来る限りのことはしてもらえます。引っ越しを考えている人はどれぐらいまでの予算なら出せるのかをしっかり考えて、計画的に引っ越しが出来るように準備をしましょう。

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。もちろん、同棲生活にピッタリのお部屋もたくさん用意してあります。お気軽にお問合せ下さい。

ナイトホームが紹介する物件

千日前線で難波まで一駅の便利な環境です♪

冷蔵庫と洗濯機が付いているので、初めてのお一人暮らしにはかなり役立ちます!

ウォシュレット、ネット無料など設備も整ってます♪

大阪メトロ千日前線 南巽駅 徒歩12分

JR大和路線 東部市場前 徒歩14分

是非、お問合せお待ちしております。

大阪エリアを中心にキャバクラの方、風俗の方、ホストの水商売の方、夜職の方、ナイトワークの方の為に入居審査が優しい賃貸物件をご紹介!

新築、分譲、デザイナーズ、敷金礼金ゼロ、保証人無、ペット可の物件を幅広くご紹介します。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.