トピックス

夜職に向いている人ってどんな人?

2021年07月16日
夜職に向いている人ってどんな人?

夜職、すなわち水商売に向いているのはどんな人なのでしょうか。どんな仕事をするにしても、向き不向きはあると思います。その中で、接客業は誰でも簡単に始められるものの、売れるか売れないかはその人のセンスに左右されるところも大きくあります。今回は、夜職に向いている人の特徴などを紹介していきたいと思います。

夜職に向いている人の特徴

①夜型の生活が大丈夫な人

大前提として、昼夜逆転の生活が送れるかどうかが大切です。夜職は基本的に夜の20時前後から朝方まで営業しています。夜の時間帯に眠くならずに、しっかりと接客ができるかどうかは重要なポイントの一つです。夜職の接客はお酒を飲むことがほとんどなので、お酒をある程度飲めるほうが良いでしょう。これらを含めて大丈夫な人は夜職に向いているといえます。

②人間関係をしっかり理解している人

夜職はとにかく接客がサービスのほとんどで、それがお金になります。お客様に対して最高のサービスをするのは当然のことですが、スタッフとより良い関係を作ることも大切です。そこで上手く連携を取ることが出来れば、さらに良いサービスを提供できます。そのためには、人間関係を上手く構築出来るかどうかは重要な能力の一つになります。個人で接客をしてパフォーマンスを出すよりも、複数で連携してパフォーマンスを出すほうが良いサービスが提供できますし、お客様の満足度もかなり変わってくるでしょう。

③お金をしっかり割り切れる人

夜職は多少なりともお客様に高いお金を払ってもらうことになります。それに対して、申し訳なく思ったり、悪い気持ちになることもあるかもしれません。しかし、お客様は楽しく酔っぱらいたいと思っていたり、そもそも高いお金を払いに来ている人もいます。そこに対して、自分の接客に自信を持つことが大切です。高いお会計だったとしても、払ってもらうことに対して申し訳なく思う必要はありません。仮に色営業をしていたとしても同じです。なかには本気と捉えてしまう人もいるかもしれませんが、大多数は本気かどうかはわからないけれど、そういう疑似恋愛を楽しみに来ています。そこに対して、お金だと割り切れる人は夜職に向いていると言えるでしょう。

④お酒が強い人

①の中でお酒をある程度飲めるほうが良いと説明しましたが、これはかなり重要な部分です。もちろんお酒があまり飲めないからといって、夜職が出来ないわけではありません。しかし、基本的にはお酒をお客様から頂いて単価が上がるので飲めるに越したことはないでしょう。特に、シャンパンなど値段が高いものを注文するお客様もすくなくありません。シャンパンは決して弱いお酒ではありません。なので、シャンパンなどの値段が高いお酒をある程度飲めることは大きなアドバンテージになります。もし、お酒に自信があるのであれば夜職にかなり向いているといえるでしょう。

夜職で稼ぐことが出来る人

夜職で稼ぐことが出来る人は、これまでに紹介してきた
①夜型の生活が大丈夫な人
②人間関係をしっかり理解している人
③お金をしっかり割り切れる人
④お酒が強い人
これらが当てはまる人です。全て当てはまらなくても、一つでも当てはまれば十分可能性があります。夜職はストレスを多く抱える仕事ですが、自分の努力が正当に評価されやすいですし、年功序列ではないため自分の実力を上げていけばどこまでも稼ぐことが出来る仕事です。さらに、お客様の層もある程度稼いでいる人が多く来るためいろんな話が聞けて、自分のスキルアップや経験値を上げることも出来ます。夜職には体験入店の制度もあるので、興味がある方は一度働いてみてはいかがでしょうか。

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。お気軽にお問合せ下さい。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.