トピックス

キャバクラのボーイの仕事内容

2021年07月12日
キャバクラのボーイの仕事内容

みなさんはキャバクラのボーイの仕事内容を知っていますか?ボーイとはいわゆる黒服で、キャバクラでスーツを着て仕事ををしています。今回はキャバクラのボーイの仕事内容を解説していきたいと思います。

キャバクラのボーイの店内業務

基本的に店内では、来店されたお客様を席に案内したり、ドリンクや割物をテーブルに運んだりします。普通の飲食店のホールスタッフとあまり変わりはありませんが、キャバクラは高いお金を払って帰る人が多いので、サービスのクオリティを求められます。なので、ボーイであっても接客の高さを求められたり、ドリンクを出すスピードも早くなければいけないでしょう。さらには、キャストと一緒にお客様と話をして、シャンパンなどお酒を飲むことも、しばしばあります。あとは、キャバ嬢の付け回しというものがあり、フリーのお客様が来た時にどのキャストを席に付けるのか考えたり、指名がかぶっているキャストの席にヘルプを回したりと、営業が円滑にまわるようにしなければいけません。営業中にすることもたくさんありますが、店外業務ではキャストの管理も大事な仕事の一つです。

キャストの管理とは??


キャストの管理とは、働いているキャストのシフトを管理したり、キャストのメンタルを管理することです。夜の業界というのは男女に関わらず、入れ替わりが激しい業界です。それだけ人が、入ってきたり辞めたりする業界で長く続けてもらうにはキャストのメンタルのサポートはとても重要になってきます。特に女の子は男性に比べて感情で動くことのほうが多いので、気分が沈むと仕事を休んだり、メンヘラになったりすることがあります。そうならないようにボーイがキャストとご飯に行って相談にのったり、日常的にコミュニケーションをとってモチベーションを保つのです。中には色管理をしているボーイもいるのではないでしょうか。色管理とは、気持ちがなくてもキャストを管理するために付き合って自分のために働かせたりすることです。これは、キャバクラだけではなく風俗業界でもこの管理の仕方は存在します。

キャバクラのボーイの給料

お店の規模にもよりますが、時給であれば1000円~1500円程度はもらえるでしょう。社員になれば平均30万円程度は稼ぐことが出来ます。そこからいろんな役職がお店によってありますが、マネージャークラスになると50万前後、店長クラスになると80万円前後はもらうことが出来ます。さらに、ボーイにはキャストと同じように歩合制度が存在します。担当という制度があり、ボーイがキャストをマネジメントします。その結果、担当のキャストが売り上げを上げるとボーイに対してもバックが入るようになります。なので、ボーイであっても自分の努力次第で自分給料を上げていくことが出来ます。やったらやった分だけ稼げるという意味では、夜の業界においてボーイであっても例外ではないのです。

ボーイで働くには!?


夜の業界で働くには学歴は一切関係ありません。真面目に仕事が出来て、やる気さえあれば誰でも働くことが出来ます。決して楽な仕事ではないかもしれませんが、ベースの給料+歩合制なのでしっかり高収入が狙えます。そのためにまずはお店選びをきちんとしなければいけないでしょう。正当な評価をしてもらえるかどうか、これがとても重要になってきます。お店の規模や評価体制がしっかりしているかどうかを見極めるために、体験入店してみるのも良いかもしれません。
ボーイはキャストと違い裏方の仕事かもしれませんが、キャストと同じぐらい大事な役割があって同じだけやりがいがあります。十分に高収入が狙える仕事ですので、興味があるかたは門を叩いてみてはいかがでしょうか。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.