トピックス

アリバイ会社を使うのは待った!水商売でも賃貸審査は通ります!

2021年07月08日
アリバイ会社を使うのは待った!水商売でも賃貸審査は通ります!

皆さんはアリバイ会社をご存じですか?アリバイ会社とは、賃貸契約の際に収入や雇用形態、勤務先を偽装してくれる会社のことです。なぜアリバイ会社が存在するのか?世の中には、フリーターや水商売を仕事にしている人がいます。世間一般的にそういう人たちは、入居審査に通りにくくなっています。なぜならば、入居審査は家賃を毎月しっかり払えるかどうかをチェックされます。なので、収入が昼職と比べて安定しない、フリーターや夜職の人は入居審査に通りにくいのです。そこで登場するのがアリバイ会社です。アリバイ会社を使えば、正社員で雇用されていて収入が安定しているように見せることが出来ます。なので、アリバイ会社を使って入居審査を行う人も実際に存在します。アリバイ会社は具体的にどのようなサービスを行っているのか?

アリバイ会社のサービス

アリバイ会社は主に、「偽書類の発行」と「在籍確認の電話対応」をしてくれます。
作成してもらえる偽書類は以下になります。
・健康保険証
・源泉徴収票
・給与明細書
・内定通知書
・在籍証明書
・勤務証明書
・雇用証明書
・住宅補助証明書
・社員証
・名刺
・持ち込み書類

ですが、このような詐欺まがいのことをして本当に大丈夫なのか?アリバイ会社を使う際のデメリットを紹介したいと思います。

アリバイ会社を使う際のデメリット

もし、アリバイ会社を使って賃貸契約をしたのがばれてしまった場合、強制的に退去させられる可能性が非常に高いです。そもそも、嘘をついて入居しているので退去しろと言われたら、退去するしかないでしょう。さらに、詐欺行為をしたと見なされて、訴えられることもあるかもしれません。それに加えて、違約金を請求される可能性もあるので、本当にアリバイ会社を使う場合は注意したほうが良いでしょう。一度ばれてしまうと、不動産屋の信用を失ってしまいます。不動産屋同士で情報を共有されて、他の不動産屋でも部屋を借りれなくなることもあります。

アリバイ会社は極力使わないほうが良い

そもそもアリバイ会社を使っても審査に落ちることはあります。審査に確実に通るわけではないのです。
アリバイ会社の料金はだいたいで、最低でも5~6万円はかかります。家を借りる上でアリバイ会社に5~6万円を払うのが低いか高いかは個人の感想によりますが、確実に通るかもわからないですし、やはりリスクがある分オススメはしません。しかし、中には不動産屋からアリバイ会社の利用を勧められることもあります。不動産屋はバレても責任はないですし、契約こそ大事なことなのでどんな手を使っても契約させたいのです。ですが、ちゃんと信頼のおける不動産屋に相談をして事情を説明することが出来れば、よっぽどのことがない限り部屋を借りることが出来ると思います。言いにくいこともあるかもしれません。しかし、包み隠さずに正直に全てを話すことで納得してくれますし、かえってその方が信頼を得ることが出来るでしょう。

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。お気軽にお問合せ下さい。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.