インボイスバナー
トピックス

水商売ってどれくらいの人が働いているの??

2023年05月19日
水商売ってどれくらいの人が働いているの??

最近では、当たり前のように使う言葉ですが「水商売」いわゆる夜職で働いている人はどれくらいいるのか??
夜の世界がSNSの普及により透明化されたことによって、夜職で働く人は増えています。
今回は、そんな「水商売」いわゆる夜職について少し解説していきたいと思います。

水商売とは何か??

簡単に説明すると、水商売とは飲食を伴う客商売です。みなさんが、イメージするホストやキャバクラは水商売の代表格です。それ以外にも、BARやラウンジも水商売に該当し、いろんな種類の水商売があります。
水商売のイメージはどちらかというと悪い人が多いかもしれません。しかし、SNSの普及により実態が透明化されてきました。なかでもインスタグラムのストーリーで有名なキャバ嬢が店内の風景を投稿することで夜の業界のイメージが一気に変わり、コロナ禍でも盛り上がりをみせる状態になっていきました。

水商売の人口

接待飲食業界で働いている人は、100万人以上と言われています。市場の規模も2兆円と言われており、かなり大きい市場になっています。警察庁によれば2019年、接待飲食等営業の許可数は6万3466件にも上っています。こんなにも多くの人間が働いている水商売。それだけ需要もあるということです。AIが出てきて人の仕事がなくなってきている時代でも、リアルな人間の接客や空間を人は求めているのでしょう。

水商売で働くには??

水商売は人の入れ替わりが激しい業界です。なので、入り口がとても広く体験入店するだけでお金がもらえたりします。
これは、一般的な昼の仕事ではありえないことです。体験入店でお金を払ってでも働いてほしいのです。種類やランクを選ばなければ誰でも水商売で働くことが出来ます。しかし、キャバクラやホストであれば一定のビジュアルが必要になってきます。キャバクラやホストは疑似恋愛を売る仕事でもあるので、ビジュアルが必要になってきます。ですが、いろんなコンセプトのお店があるのでその人に合ったお店を見つけるのはそんなに難しいことではありません。
また、水商売の魅力の一つとして結果を出せばそれがそのまま給料に反映されます。なので、努力をして結果を出せば評価され、やった分だけ給料を稼ぐことが出来ます。なので、働いてみたいという人が多いのです。それと同時に結果が重視されるので、楽に稼げるということはありません。そのため、人の入れ替わりが激しい業界になっています。安定を求める人には向いていないかもしれません。

ナイトホームがオススメする物件

スプランディッド難波

なんば線「桜川」徒歩7分

千日前線「桜川」徒歩4分

2路線2駅アクセス〇!!

敷金礼金00!!

ネット使用料不要!!

Park Hana Honmachi WEST

中央線「阿波座」徒歩3分

四ツ橋線「本町」徒歩11分

千日前線「西長堀」6分

駅徒歩3分圏内!!

南向きで日当たり〇!

綺麗な内装!!

友だち追加

PICK UP!! オススメの物件はこちら

Copyright © Night Home all rights reserved.