トピックス

家を強制退去になる理由は?気を付けるべきポイント!!

2022年01月02日
家を強制退去になる理由は?気を付けるべきポイント!!

みなさんは賃貸物件を強制退去になる理由をご存じでしょうか?賃貸契約や入居規約に違反したらすぐに強制退去になってしまうのか?みなさんは、意外と知らないところで無意識に違反してしまっているかもしれません。今回は、強制退去になる可能性のあるものや、強制退去までどのような流れがあるのか紹介していきたいと思います。

強制退去になるのは大きな規約違反を起こした場合

賃貸物件を強制退去になるのは、入居規約に対してかなり悪質に違反した場合なので、相当悪質でない限り基本的には大丈夫です。ペット不可の物件で隠れてペットを飼っていたり、2カ月以上家賃を滞納したりした場合は強制退去になる可能性が高いです。契約違反ではなくても、近隣の住民とトラブルをよく起こしたりすると、強制退去に発展する場合があります。

ペット不可の物件でペットを飼っている

「ペット不可」の物件であるにもかかわらず、犬や猫などを飼っていると強制退去になります。
外に連れ出さなければバレないと考えていたとしても、鳴き声や、動物特有の匂いですぐに気づかれてしまいます。また、ペットフード等のゴミなどでバレる可能性もあります。どうしてもペットを飼いたい場合は、ペット可の物件を探しましょう。

近隣トラブルをよく起こす

夜遅くまで飲み会をしたり、騒音問題を繰り返していると、強制退去に発展する可能性があります。
一度や二度ぐらいであれば厳重注意で済みますが、何度も近隣から苦情が多すぎる場合は、要注意人物とみなされるので、一度注意を受けた場合はおとなしくルールに従いましょう。騒音問題だけではなく、ゴミ出しのルールなどもきちんと守りましょう。基本的にルールを守って普通に生活をしていたら近隣トラブルを起こすこともありません。

強制退去になる流れ

家賃滞納で強制退去になる場合

【約1ヶ月以内】
本人へ電話が2〜3回かかってきます。
この場合はしっかりと電話に出て、支払う意思があることを伝えておきましょう。滞納が1ヶ月以内であれば強制退去にはなる可能性はほぼないでしょう。
  ⬇︎
【1~2ヶ月後】
連帯保証人への電話連絡や督促状の送付。そして、内容証明郵便で書面が届きます。書面が届く場合は、電話を無視し続け場合に送られてきますので、電話はしっかり取りましょう。
  ⬇︎
【3~6ヶ月後】
「契約解除通知」が内容証明郵便で届き、裁判所へ請求の申し立てが行われるので、ここまでいってしまうとほぼほぼ強制退去レベルだと思っておきましょう。管理会社に電話して、滞納している金額の振込をしてから、相談すれば、退去は免れるかもしれませんが、見込みは少ないでしょう。
  ⬇︎
【6ヶ月後以降】
強制執行手続き、裁判所による強制退去になります。社会的にブラックリストになってしまいます。
基本的に家賃滞納を2ヶ月以上で電話の対応もなしを続けるとほぼアウトです。

強制退去にならないためには?

強制退去にならないためには、身の丈に合った家賃の物件に住むことです。そうすれば家賃の支払いに困ることはありません。また、規約やルール等をしっかり守って生活しましょう。近隣トラブルで強制退去になるのはよっぽどのことがない限り大丈夫です。自分の生活水準をしっかり見極めて物件を契約しましょう。

ナイトホームがオススメする物件

サムティ桜川レジデンス

阪神なんば線「桜川」徒歩4分

大阪メトロ千日線 「桜川」徒歩6分

敷金礼金00物件!!

Wi-Fi無料です!!

ペット飼育可能!!

モニター付きインターホンでセキュリティー万全!

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。もちろん、同棲生活にピッタリのお部屋もたくさん用意してあります。お気軽にお問合せ下さい。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.