トピックス

タワーマンションのデメリット紹介!!

2021年10月03日
タワーマンションのデメリット紹介!!

前回の記事ではタワーマンションのメリットを紹介させて頂きました。タワーマンションはステータスが高く、住みやすいのは間違いないのですが多少のデメリットも存在します。今回はタワーマンションのデメリットを紹介させて頂きます。

タワーマンションのデメリット

管理費が高い

タワーマンションは設備やサービスのクオリティが高いです。なので、管理費は自然と高くなります。特に、コンシェルジュサービスがしっかりしているところは管理費が高い傾向にあります。管理費は安いほうが嬉しいかもしれませんが、管理費が高いということはそれだけ設備やサービスが充実していることになります。

エレベーターが混んだり、すぐに乗れないときがある

タワーマンションはもちろん高層階があるので、なかなかエレベーターが来ないタイミングがあるでしょう。さらに、朝の通勤の時間帯などはエレベーターが混みます。駅が近いタワーマンションであれば、電車に乗る時間が重なるので非常に混み合います。可能であれば朝の時間帯を少しずらして家を出ることが出来ればストレスが減り、快適に過ごすことが出来るでしょう。

洗濯物を外に干せない時がある

立地や階数によって風が強くなる時があります。そのようなときに洗濯物を外に干して風で飛ばされてしまうとタワーマンションでは簡単に無くなってしまいます。洗濯物を日光で干したい人は多いと思いますが、我慢しなければいけないでしょう。タワーマンションは部屋が広いのでその分カーペットも大きくなります。服などは浴室乾燥などでいけるかもしれませんが、大きいカーペットなどを干すとなると一苦労です。そもそもベランダがない物件も存在します。そのような物件はベランダでバーベキューをするといった外での行事を楽しむことは出来ません。

地震などの自然災害が心配

地震の時は高層階が特に揺れると言われています。免振装置や制振装置などがしっかり機能していても高層階のふり幅は広くなります。タワーマンション自体の作りがしっかりしていたとしても、まわりの液状化現象などは防ぎようがありません。

修繕積立金が不足している

将来的にタワーマンションで問題になるのが修繕費の不足です。タワーマンションの修繕には多額の費用がかかります。ですが、売ることを重視して修繕積立金が低く設定されていることが多いです。設定がしっかりしているタワーマンションも中にはありますが、投資などの目的でタワーマンションを購入する人も多いことからこのような問題が起こります。

まとめ

今回はタワーマンションのデメリットを紹介させて頂きました。意外とデメリットも存在するものです。しかし、メリットとデメリットのバランスはしっかりとれているのがタワーマンションです。なので、タワーマンションに住みたいと思っている人は多いのです。前回の記事も含めメリットとデメリットを考えてみて、タワーマンションに住みたいなと思ったら是非住んでみるのをオススメします。きっとあなたの生活をより良いものにしてくれるでしょう。

大阪で不動産をお探しであれば是非 Night Home の利用をご検討下さい。他の不動産屋で希望のお部屋を紹介してもらえなかったり、審査に落ちてしまった等、そのようなお悩みを当店は最大限にサポートさせて頂きます。
掲載物件は水商売の方、ナイトワークの方がご入居可能なお部屋が数多くあります。もちろん、同棲生活にピッタリのお部屋もたくさん用意してあります。お気軽にお問合せ下さい。

PICK UP!! オススメの物件はこちら
Copyright © Night Home all rights reserved.